浜松で音響設備の工事をしている叔父に音響についていろいろと教えてもらっています。自宅で音楽を楽しむ時、もう少しだけでも良い音質で聴きたいと思うことがあるかと思います。しかしコンポなどを買い替えたりといったように本格的なことはするつもりはないし、なにか手軽に音質がアップする方法はないかと考えることもあるでしょう。
そのようなときにお勧めなのがコンポの下にものを敷くという方法です。プレーヤーやスピーカーというのは音が出ることで振動し、その振動が音の濁りを生み出してしまっている可能性があります。そのため下に衝撃を吸収するゴムや、専用の音響ボードを敷くことで音質アップが期待できる場合があるのです。プレーヤーとスピーカーを繋ぐケーブルなどが振動している場合もありますから、それらの下にもなにか噛ませてあげるとよいですね。
木材やガラスなどオーディオ機器の下に敷くものの素材によって音質の変化を楽しむことも可能ですし、多少の音質の変化で良いのであれば100円ショップなどにも代用できるものがたくさんあります。まずは安価なものから試していき、段々と本格的なものにシフトしていくのも良いかもしれませんね。