先日うちの自宅に、ネットの知人がハイレゾ音源を鑑賞したのですが、「粒立ちが全然違う」劇場で聞いているような音響だと感心していましたね。上手い表現ですね。普段、生演奏をよく聞いている人なので、ハイレゾの音の違いはすぐ分かっておりましたね。「雑誌でハイレゾ音源手に入る」話はしましたが、感心はうすい感じですね。(笑) 音質がよくても、すきな曲以外は不要なのでしょう。世間の多くの人は同じタイプでしょう。

iphoneを初めて購入したとの事でしたが、聞いている音楽はダウンロードでなく手持ちの購入CDをインポートしたばかりとの事でした。レンタルCDですむ話もしましたが、その人は「なかなか手にいらないCD」のマニアなので、感心が薄かった感じですね。

AirPlayは当然デモしまして、その便利さは見れば即わかっていますが、プレーヤ価格の3万は 知人には、まだハードルが高い感じですね。

あと、iPADのYouTube AirPlayミラーリングやら、音楽の歌詞表示APL、TuneinRadio と、デモしすぎちゃって、別世界の話に見えたかもしれませんね。(笑) あ、本人のiphoneをネット接続して、AirPlayするの忘れてました。これが一番、効果ありそうかな?