私は音響設計にうるさいオーディオマニアではない、そしてそんなにこだわりがあるわけでもない。しかしある程度の「良い音」で音楽を聞きたい…という欲求はある。それでもCD程度の音質があれば十分だと思っている。ビットレートに関して最低でも256kbps、できれば320kbpsあればいい。これ以下だと流石にちょっと厳しい、なんというのか空気感が損なわれる感じがするのだ。しかし、まぁその程度の耳なのだ。

そしてそんな私が好んで使っているオーディオ機材がBOSEなのである。初めてのBOSE体験はwave music sysemという小さなCDプレイヤーだ。国産メーカーのCDプレイヤーに比較して高価なこのCDプレイヤーを当時は清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入した。結果としては大満足で、「今まで聞こえなかった楽器の音が聞こえる!」と購入当時は興奮したものである。この体験以来「スピーカーを買うならとりあえずBOSEを選んでおけば間違いない」「とりあえずは後悔しない」ということになった。今では映画を観るためのサラウンドシステム、PCのスピーカー、イヤフォン、ヘッドフォン全てボーズにした。後悔した商品は今のところ一つもない。電源とボリューム以外何もないところも気にっている。「いいよ俺に全て任せておいてくれ!」そんな風に言われている感じがする。他にも同等の商品はあるかもしれないけれど我が家はこれからもBOSEで行くことにしてる。我が家にとってそれが安楽なのだ。