コンサートなどでは音響がものすごく重要視されているわけでありそのための専門的な技術を持っている人が雇われているということがよくあったりします。どんな方向から音が来るのかということをかなりしっかりと計算されてスピーカーや反響させる装置を設置したりということがあるわけです。しかし、後ろから、というのはそんなによいわけではないです。

映画の後であれば後ろからの音もかなり重要ではあるのですがコンサートなどですと後ろから来るというのは臨場感が失われるということでもありますので、あくまで前から来る音に対しての邪魔にならないように様々なものを配置するということが意識されて行われています。 さて、こうしたことを考える、する人たちというのは、職業としてはPAエンジニアといいます。PAエンジニアは、コンサートやライブ、舞台、イベントなど音響を担当して調整したりする人であり、機材の設置などの設計もしたりすることになります。極めて高い技術が必要になる専門職であり、それなりに高給であるということでも知られています。